育毛剤 効果

育毛剤の効果を決める@毛母細胞を活性化する成分

「抜け毛を改善したい!」「薄毛対策には何が必要か?」などハゲたくない人にとっては、とても知りたい情報です。

 

では、「抜け毛を減らすには」「薄毛を進行させないためには」どうすれば良いのか?

 

 

 

最近では、育毛シャンプーが効果がるあると言われていますが効果はありません。残念ながら・・・・・

 

誤解のないように説明しますね。
育毛シャンプーは頭皮を清潔にするにはとても良い商品です。頭皮が清潔になると、髪の毛が生えやすい頭皮環境あ整います。

 

この「育毛に最適な頭皮環境が整う」ということで発毛効果があると言われているんですね。

 

頭皮環境は大切ですが絶対評価ではありません。頭皮環境が良いことは必要ではありますが、それだけで髪の毛が生えることはないのです。

 

 

まだ、髪の毛がフサフサで、今後「抜けるのを防ぎたい」という方に、予防手段としては良いことですが、それだけなんですね。

 

 

 

では、「抜け毛を減らす」「細毛の進行を遅らせる」「髪の毛を生やす」ためにはどうすれ良いのでしょうか?

 

 

抜け毛、薄毛進行、発毛に共通しているキーワードは『毛母細胞』です!

 

・抜け毛が増えるのは、毛母細胞の働きが弱っているからです。
・薄毛が進行するのも、毛母細胞が細胞分裂する力が弱っているからです。
・髪の毛を生やすためには、毛母細胞の働きを活発にすれば良いんです。

 

育毛・発毛のキーワードは『毛母細胞』なんですね。

 

 

では、毛母細胞を活発にするにはどうすれば良いのでしょうか?
私は、育毛剤をお薦めします。

 

 

育毛剤には、毛母細胞を刺激する成分が含まれています。

 

一昔前までは、「血行を良くして髪の毛を育てる!」なんて育毛剤ばかりでした。いわゆるヘアトニックに毛の生えたようなものですね(笑)

 

しかし育毛剤の研究も進んで、「髪の毛が抜ける仕組み」「髪の毛が生える仕組み」が分かってきたんですね。そして毛母細胞が大きく関わっていることも分かってきたんです。

 

 

育毛剤に含まれている毛母細胞の働きを活発にする成分として、
・ミノキシジル
・M-034エキス
・バイオポリリン酸
・ヒキオコシエキス
・センブリエキス
・ビワ葉エキス
などがあります。

 

 

中でも、ミノキシジルは日本皮膚科学会が「発毛効果のある成分」として、その効果を認めています。しかしながら、その副作用も認めていますね。

 

 

効果があっても副作用はイヤですよね?

 

そこでお薦めするのが「M-034エキス」と「バイオポリリン酸」です。

 

というのも、

 

M-034エキスは、ミノキシジルと同等以上の発毛効果があることが実証されています。もちろん副作用の可能性もほとんどありません。

 

また、バイオポリリン酸は、毛乳頭をダイレクトに刺激する唯一の成分なんです。毛乳頭は毛母細胞に指令を出す重要なタンパク質です。毛乳頭が刺激されると毛母細胞の細胞分裂が活発になるんです。

 

 

M-034エキスが配合されている育毛剤に「育毛剤チャップアップ」があります。バイオポリリン酸が含まれている育毛剤に「薬用ポリピュアEX」があります。

 

では、どちらが良いのでしょうか?

 

成分としては、「バイオポリリン酸」が特許も取得した唯一の毛乳頭をダイレクトに刺激する成分ということで魅力的ですね。

 

マイナスポイントとしては、発毛効果のある成分としてはバイオポリリン酸しか配合されていないことです。バイオポリリン酸が効かなければ効果を期待できないということです。

 

一方のチャップアップはどうでしょうか?

 

M-034エキスはミノキシジルと同等以上の発毛効果を持つ成分ですが、他にもヒキオコシエキス、ビワ葉エキス、センブリエキスなど発毛効果を持つ成分の他に、ノコギリヤシ、オウゴンエキスなどの抜け毛を予防する成分も含まれています。また、ナノ水を利用して浸透力までも高めています。

 

 

「特許成分のバイオポリリン酸に期待する薬用ポリピュア」か「M-034エキスの他にも発毛成分、脱毛抑止成分、浸透力」を合わせも持つチャップアップか?
の選択になりますね。

 

 

一点集中突破型か総合力勝負か?
あなたはどっち!?